かえるふくしま Kaeru Fukushima (2015)

福島県でカエルを撮り続けている。

環境の変化に敏感なカエルは、決して強い生き物ではない。しかし、カエルたちは、いつも飄々としていて、そのたたたずまいに癒やされていた。

「カエルの目にこの世は、どのように映っているのだろうか」。そんなことを考えながらシャッターを切っている。

 

「帰る福島」「よみがえる福島」「変える福島」。物言わぬ小さな命の姿に、そんな願いを込めた。

I keep taking pictures of frogs in Fukushima prefecture.
Frogs are sensitive to environmental changes, never strong creature.
But they look always easygoing, so I feel better when I see them.
“What they see in this world?
I’m pushing the shutter thinking of such a thing.
Japanese word “kaeru” has some meanings.
“Frog”, return”, “revive”, and “change”.
“We can return to Fukushima.”
“Fukushima will be revived.”
“Fukushima will be changed.”
I see these small creatures with such wishes.